インドア系息子との2019年中学受験日記

2019年中学受験に向けてSAPIX(サピックス)から難関中学に挑む日記

サピックス初通塾と先生からの電話

新4年生3月、サピックスに初通塾です。
我が家からは電車に乗っていくのですが、さすがにいきなり一人で行かせるのは無理だろうと考え、私が午後会社を休んで付き添いました。なお、今後は一人で通塾してもらうため、私は息子の2〜3メートル後ろを歩くスタイルで一緒に行きました。周りから見たら私は小学生男子を後ろから付け狙う変質者に見えていたかもしれません(ー ー;)

また、帰りも息子一人で帰ってきたことはないので、授業終了の時間にお迎えに行きました。ここでびっくり、校舎の周りには高級車がズラリと並んでいます。レクサスや外車の多いこと。軽自動車や小型車はほぼ見当たりません。中学受験はお金に余裕があるご家庭向きで、我が家のような一般家庭向きではないのかとちょっと心配になりました。。
また、校舎前には保護者の方が沢山おり、子供の出待ちをしています。この多数の保護者の方の子供達が息子のライバルになるのかと中学受験の厳しさを実感するとともに、親のサポートも必要なのだと改めて感じました。

しばらくすると子供が校舎から出てきましたが、なんとなく元気がない様子。保護者会で理科の先生が「授業の日は、お子さんが授業内容を思い出したり、頭の中で整理したりするのを助けるために、何を授業でやったのか親から聞いてあげてください。」と仰っていたことを思い出し、聞いてみましたが非常に反応が薄く、あまり喋ることなく家に着きました。
家に着いてしばらくすると、徐々に元気になってきましたので話してみると、「クラスの子や先生が上の方を飛んでいて、自分はその様子を地上から見ている感じがした。」とのことでした。学校では優秀な部類に入る我が子(親バカですいません)にしてみると、サピックスのクラスの子達全員が自分よりも頭が良いと感じ、その初めての感覚にちょっとしたショックを受けていたのでしょうか。井の中の蛙が大海に出たようなものですね。
もう少し時間が経つと、他の子が凄いできる、僕はついていけないかも。。ということも言っていました。私に似てマイナス思考です(ー ー;)
息子に対しては「入塾試験の結果そのクラスになったのだから他の子達とそんなに大きくは違いはないはず、みんなは前から塾に通っているのでできるのは当たり前、最初だからそう感じるだけだよ」と慰めました。
とはいえ、色々な方のブログを見ていると、初授業の後は「授業楽しかった!」と言っているケースが大半だったので、私としてもちょっと戸惑ってしまい、息子にどう接すれば良いのか悩みました。入塾テスト対策をしたの良くなかったのかとも考えてしまいました。

そんなことがあった翌日、会社で仕事中に携帯が鳴ったので出てみると、なんと、サピックスの先生からでした。お子さんの様子はどうでしたか?ときかれたので、昨日の様子を正直に話しました。すると先生からは、

  • 算数のうちの半分は前回の復習なので、他の子はできるのは当然ですよ
  • 息子さんは教えたことはちゃんと理解していたので、すぐに慣れると思いますよ

とのお言葉をいただきました。サピックスは面倒見が悪いと聞いていましたが、そんなことはなさそうですね。悩んでいたところにいいタイミング来たフォローの電話に、素直に嬉しく感じるとともに、サピックスへの信頼度アップ。こういうタイミングって凄く大事ですよね。
息子には、夜に家に帰ってから先生の言葉をそのまま伝えました。私が言うよりも効果があり、いつものように元気になった気がします。
その後、通塾の度に徐々に自分も一緒に空を飛べるようになってきたと言っていました。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


このブログで紹介した物等をまとめました。
・通塾前に準備したもの
・算数対策本
・国語対策本
・理社対策本
・親が読んだ本
・息子の読んだ本