インドア系息子との2019年中学受験日記

2019年中学受験に向けてSAPIX(サピックス)から難関中学に挑む日記

千葉の難関校の説明会

今日は千葉の有名進学校の説明会に行ってきました。
近年進学実績を上げている新興校で、校長がやり手の経営者。大学合格実績も試験に受かりそうな優秀な子を積極的に何校も受験させて水増し(?)している

勝手に思っていた事前イメージは、
という根拠もないひどいものでした。

実際に説明会を受けた印象は、上記とは正反対に非常に好印象でした。

まず、校長の人柄が良かったです。見るからに優しそうな方で、経営者というより教育者。事前の印象とは全く正反対でした。生徒のことをとても信頼していて愛している感じがひしひしと伝わってきました。
また、学校としての歴史は短いですが創立時から、生徒の自主性と国際化を意識していたとのこと。時代が追いついてきたとおっしゃってました。昔から帰国生を受け入れていて、有名な外資系企業の社長さんなどもOBにいるようです。修学旅行も現地集合で、交通機関とかは生徒自身が考えるという話もありました。
今後の社会の動きを意識すると、そういう自主性を伸ばせて、国際力も付けられる点は学校選びの基準に入れるべきと思いました。

説明会後の校舎見学もしたのですが、先生自作の自習用プリントらしきものがチラホラと見受けられました。ご自由にどうぞ的に置いてあるのを見て、これも自主性に任せているんだろうなー、と思いました。やる気がある子はドンドン伸びる学校なんでしょうね。

ということで非常に気に入りましたが、通うには家から遠いのと、偏差値が高すぎるのがマイナスポイントです。。。説明会も毎年人数が増えているそうで、今回も1000人集まったとおっしゃってました。今後も偏差値が上がっていくことでしょう!