インドア系息子との2019年中学受験日記

2019年中学受験に向けてSAPIX(サピックス)から難関中学に挑む日記

聖光学院学校説明会

聖光学院の学校説明会に行ってまいりました。
我が家からは1時間超もかかりますが、サピックスの先生から距離だけで判断して候補から落とすのは非常に惜しい学校とか毎年、訪問して気に入るご家庭があると何回か聞いていたことと、最近気にしている現役進学率が7割超とズバ抜けて高い男子校であることから訪問してきました。
現役進学率の記事はこちら↓
現役進学率 - インドア系息子との2019年中学受験日記


全体的な印象としては、かなり遠いけれど、ものすごく魅力のある学校で、第一志望になる可能性もあるというものでした。

説明会では、まず大きなホールに入ります。
1500人も収容可能なんですね。すごい広いし綺麗。
ホールに入ったら生徒によるオーケストラの生演奏が!ものすごく、お上品です。こんな風に楽器ができたら楽しいだろうなと思いながら聞いていました。

歌手の小田和正さんも卒業生だそうで、説明会をしたホールでコンサートをしてくれたこともあるそうです。

説明会が始まると、校長先生のお話がありました。
ところどころ笑いを入れた楽しくかつ、中身の濃いお話で、この校長のお話を聞いてしまうと、聖光が好きになってしまいます。


校長先生は、まずは、学校は楽しいところだ と生徒に思って欲しいそうです。
中学3年から高校1年の一貫校における中だるみ時期には、宿泊イベントをたくさん組み込んで、生徒が学校を楽しいと思ってくれるようにするとのこと。

また、ギターやバイオリン絵画などの講座も開催してくれるそうで、スポーツ系の部活で行き詰まった生徒が新しい道に気づくきっかけにもなっているそうです。冒頭のオーケストラ部の演奏につながる講座ですね。

実体験を得る聖光塾というのも実施し、屋外の自然観察や、フィッシング、タイドプール観察など、遊びながら学べる講座や、外部の企業とコラボした企画もあるそう。
学校が楽しくなりますよね。

職員室もガラス張りにして先生の在室がすぐにわかるようにして、入りやすい職員室にしているそうです。
この辺りは、校長先生の経験を踏まえての対応とのこと。トップの思ったことをすぐ実行しているのは、今後の激しい社会の動きについていくためには重要なので好印象です。


グローバル化にも対応するため、英語にも力を入れているそうです。

特に気になったのが、スカイプによるマンツーマン授業。フィリピン人の先生とのスカイプでの英会話授業を週に4回もやっているそうです。
これなら、英語もどんどん喋れるようになりますよね。自分の経験から英語は習うより慣れろだと考えていますので。

また、気に入ったのが色々ともらった冊子です。
学校生活全般を説明するものから、入学試験の内容説明までしっかりと冊子形式にして配ってくれていました。とりあえず作ったのではなく、しっかりとした内容で我が校を知ってもらおうという気概が感じられます。


説明会終了後は校舎見学でした。生徒をあちこちに配置しているので話を聞いてくださいとのことでしたので、色々とはなしを聞くと、皆さんものすごく説明上手で、受け答えが素晴らしい!
息子にもこういうようになって欲しいと感じました。

ということで、特にマイナスイメージがなかった聖光学院ですが、サピ偏差値は64と筑波駒、開成に次ぐ超ハイレベル。
いい学校は偏差値が高くなるんだなと実感しました。あとは我が家から遠いのが難点でしょうか。
2日校は渋幕、聖光とやや遠いけれど魅力のあるところにするか、妥協して近場にするか悩みますね。
第一志望として目指すかどうかは、今後の我が子の偏差値の動きと息子と来年の文化祭を見て判断しようと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


このブログで紹介した物等をまとめました。
・通塾前に準備したもの
・算数対策本
・国語対策本
・理社対策本
・親が読んだ本
・息子の読んだ本