インドア系息子との2019年中学受験日記

2019年中学受験に向けてSAPIX(サピックス)から難関中学に挑む日記

α1の読書習慣

息子とこの世界の片隅にという映画を観に行きました。

戦中戦後の広島、呉を舞台にしたアニメ映画でした。

やや話のテンポが早い気がしましたが、あっという間に2時間が過ぎ、その時代の生活と様子を感じさせることができたと思います。


映画の内容については自分よりも息子が理解していた部分があってびっくりしました。

そういう繋がりがあったとは、と思わせる話を息子からしてくれました。(ネタバレなので省略)。

また、重要なシーンは息子はセリフごと覚えていました。
若いと記憶力が良いですが年取ると衰えますね。。。


さて、映画鑑賞後に本屋さんがあったので寄ってきました。


本屋さんで真っ先に息子が飛びついたのが、ハリーポッターの本。


今まで反応したことがなかったのでどうしたのかと聞くと、サピックスのクラスの子が授業前に読むために持ってきているとのことでした。

まだクラス落ち後のクラスには移動していないので、α1クラスです。

息子の近くの席の子、数人が持ってきているようです。


持ってきていない子でも、(α1トップの)◯◯とか、◯◯とか、◯◯・・・・は家で読んだって言ってたよとのことでした。

なんと、半分くらいは読んでいるようです。

最上位の子たちは、話題の本も当然のように読んでいるんですね。

最近、ようやく読書をし始めた我が子との差を、痛感いたしました。

私も読んだことがないので、まずは1巻から読もうかな。。

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

文庫版もあるんですね。

ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)

ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)

ハリー・ポッターと賢者の石 1-2 (ハリー・ポッター文庫)

ハリー・ポッターと賢者の石 1-2 (ハリー・ポッター文庫)




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


このブログで紹介した物等をまとめました。
・通塾前に準備したもの
・算数対策本
・国語対策本
・理社対策本
・親が読んだ本
・息子の読んだ本

広告を非表示にする